「#値上げ受け入れていません」日銀の黒田総裁の発言の意味

ハッシュタグ「#値上げ受け入れていません」がトレンド入り。なにが起こってる?インフレにより起こることは?

2022/06/06の講演で黒田総裁の発言が話題になっています。

その後謝罪などもしていますが、そもそも、どういう意味で黒田さんはこの発言をしたのでしょうか?

大事なことまとめ
  • そのデータ、本当に「値上げ許容度」で合ってる?
  • ちょっとマスコミの取り上げ方が過剰気味。
  • 問題は、貯金が増えてるではなく、給料が上がってない事。
  • つまり、「値上げはするけど、貯金ヤバくなる前にみんなの給料増やせたらいいな」って言いたかったんでしょ
  • そもそも「家計の値上げ許容度」なんて言い方したら、そりゃ怒るでしょうよ・・・

そもそも何が起こった?

事の発端は、2022年6月6日に行われた、日本銀行トップの黒田総裁の講演です。

まず、問題になっている発言はココです。

ひとつの仮説としては、コロナ禍における行動制限下で蓄積した「強制貯蓄」が、家計の値上げ許容度の改善に繋がっている可能性があります。

いずれにせよ、強制貯蓄の存在等により、日本の家計が値上げを受け容れている間に、良好なマクロ経済環境を出来るだけ維持し、これを来年度以降のベースアップを含めた賃金の本格上昇にいかに繋げていけるかが、当面のポイントであると考えています。

金融政策の考え方

日本の家計が値上げを受け容れている」という部分に対して、みんなが怒っているわけですね。

twitterでは、「# 値上げ受け入れていません」がトレンドになったり、テレビやマスコミなど各メディアでニュースになったり、めちゃくちゃ話題になっています。

我が家は「受け入れていない」のだが。

そもそも拒否権あるん? あれば受け入れ拒否するから手続き方法教えて

月給20万だってもらってない人たくさんいるし、ほんとに、2ヶ月7万弱で暮らしてみなよ! この人どんな家に住んでてふだん何食べて、家族はどうしてるんだろうね?

生活必需品だから買うしかないだけ。みんな困ってる。受け入れてるわけない。ふざけるな

高くても買うのは、値上げを受け入れているからではなく、食べなきゃ死ぬからなんですよ…人間は食べ物を食べないと死ぬってご存知ない?

まぁ、「家計が値上げを受け入れている」部分だけを聞いたら、怒りますよね。

みんなの反応をみて、6月7日夜には、

「家計が自主的に値上げを受け入れているという趣旨ではなかった。誤解を招く表現で申し訳ない」

と謝罪しています。

マスコミの切り取り方もひどくない?

「強制貯蓄」

「家計の値上げ許容度」

「家計が値上げを受け入れている」

黒田さんの言葉のチョイスもなかなか強めなのは事実です。

ただ、メディア等の街頭インタビューでは、

日本の経済動かす、日銀のトップが「家計が値上げを受け入れている」と言ってますが、あなたの家計はどうですか?』

こんな質問でインタビューをしていました。

前後の文脈も無く、こんな事を聞かれたら、
「勝手に受け入れてるとか決めんなよ!」
そう思って当たり前だと思います。

マスコミの取り上げ方、少し過激な気がするのですが、黒田さんの言葉選びが餌を与えていることもまた事実。

黒田さんの発言の真意は?

ただ、黒田さんの言いたかった事は果たして、

「みんな貯金が増えたから、値上げしても大丈夫。きっと受け入れてくれるよ!」

なのでしょうか?

前後の文脈・元になった調査データなどから見ていきます。

「家計の値上げ許容度」って何?

まず黒田さんは、東京大学の渡辺努教授の調査結果のデータを元に話しています。

いつも行ってるスーパーのいつも買う商品が10%値上がりしたらどうする?

  • 2021年8月の結果
    「他の店に行って買う」 57%
    「その店で買う」 43%
  • 2022年4月の結果
    「他の店に行って買う」 44%
    「その店で買う」 56%

「その店で買う」=「10%の値上げを受け入れられる」

去年より「その店で買う」を選択した人が13%も増えた事が、
「家計の値上げ許容度が改善された」という発言につながっています。

ただ、この結果はもっと細かく設定されていて、

「その店で買い続ける。ただし、買う量を減らしたり、買う頻度を落としたりして節約する」これに当てはまると答えた人は、

2021年で50%強から、2022年では60%超で、10%も増えています

あれ?デフレの時によく耳にするフレーズが聞こえてきました。

また、この調査を行った教授は「値上げ耐性」と言っていて、「値上げ許容度」とは言っていません。

「耐性」と「許容度」は、似てはいるものの、同じ意味でしょうか?

この調査結果の理解は
「値上げ耐性のUP」=「日本の家計が値上げを受け入れている」
で合っているのでしょうか?

まぁ、黒田さんも「この結果自体は、相当の幅を持ってみる必要はありますが、」という前提で話をしているので、この結果が全てではないという認識はあると思います。

「強制貯蓄」って貯金を強制されたっけ?給付金はもらったけど

この結果自体は、相当の幅を持ってみる必要はありますが、ひとつの仮説としては、コロナ禍における行動制限下で蓄積した「強制貯蓄」が、家計の値上げ許容度の改善に繋がっている可能性があります。

金融政策の考え方

「強制貯蓄」って、言いたいこと分かりますが、なかなかパワーワードですね。

つまり、
コロナ期間に、緊急事態宣言とかまん延防止条例とかあった影響で、
旅行とか遊びにいけなくなったリ、飲食店・居酒屋に行けなくなって
支出が減ったから、自動的に貯金が増えた
っていう事ですね。

確かに、日本の「家計金融資産」は約2000兆円で、過去最高を記録しているそうです。

日本全体で考えると、資産が増えているのはデータとして正しいみたいです。

給料が増えないニッポン

貯金が増えたのは支出が減ったからで、収入は増えていないという事がポイントです。

過去30年間、世界は経済が成長するのに合わせて、給料も順調に増えていっています。

日本だけは給料が全く増えていません。

経済の安定的な成長には「インフレ率2%」が必要と言われています。

つまり、「物価も給料も、世界を回るお金がゆっくり増えていくこと」が望ましいと言われています。

世界中の物価が2%上昇する中で、すでに日本だけ取り残されているのが現状です。

賃金が上がらない。けど、物価は上がっていく。

つまり、日本が貧乏になっていき、「安いニッポン」の出来上がりです。

日本の景気が良くなるためには、少しの物価の上昇は仕方がない。けれど、賃金の上昇が絶対に必要です

つまり何が言いたかったの?

今までの内容を含めて、今回の発言を見ていきます。

いずれにせよ、強制貯蓄の存在等により、日本の家計が値上げを受け容れている間に、良好なマクロ経済環境を出来るだけ維持し、これを来年度以降のベースアップを含めた賃金の本格上昇にいかに繋げていけるかが、当面のポイントであると考えています。

金融政策の考え方

強制貯蓄の存在→ データとして、貯金は増えているので事実。

日本の家計が値上げを受け入れている間に→ 色々思うトコはあるけど、多分、増えた貯金が値上げでいつもの水準に戻るまでの間に。

良好なマクロ経済環境を出来るだけ維持し→ 企業の収益が増える事で日本全体の経済を良くして。

来年度以降の賃金の本格上昇にいかに繋げていけるか→ 企業から払われるみんなの給料UPを目指してます。

簡単に言うと、
「世界情勢的に値上げはしょうがないけど、貯金ヤバくなる前にみんなの給料増やせたらいいな」
という意味の発言だと思います。

つまり、目標は「みんなの収入UP」を謳っています。

まとめ

言い方・言葉のチョイスがキツかったり、データの読み方合ってるの?など、色々思うトコロはありますが、

「経済的な成長」と「給料のUP」を目指していることに違いはありません。

黒田さんが話しているのは決して1人ひとりのお財布の中身ではなく、日本全体のマクロ経済の話です。

そこに、様々な環境に置かれている1人ひとりの話を持ち込むのは少し乱暴な気がします。

ただ、こうやってハッシュタグがトレンド入りとかする事で話題になり、日銀総裁が謝罪しなければならなくなったり、経済を回している偉い人達に「国民は苦しんでるよ。」と伝えられる事は、とても良い時代だと思います。

今後、「本当に、給料が上がるのかどうか。」が大事なポイントですね。

大事なことまとめ
  • そのデータ、本当に「値上げ許容度」で合ってる?
  • ちょっとマスコミの取り上げ方が過剰気味。
  • 問題は、貯金が増えてるではなく、給料が上がってない事。
  • つまり、「値上げはするけど、貯金ヤバくなる前にみんなの給料増やせたらいいな」って言いたかったんでしょ
  • そもそも「家計の値上げ許容度」なんて言い方したら、そりゃ怒るでしょうよ・・・